ケータイ小説 野いちご

伝言


「いつもこっちを見ているような気がして。
私の行動をすべて監視して。
殺すタイミングを図っているようなきがするの。」

「大丈夫だって!光には、あたしや威君もついてる!」

優華の優しい言葉が、傷口をゆっくりと癒していく。

< 70/ 170 >