ケータイ小説 野いちご

医者のあり方【BL】




「大丈夫。」


「え…」


「今日は何もしねーよ。風邪引いてんだからな…

それに…」




俺は美勇に目線を合わせて微笑んだ。




「お前が良いって言うまで、俺はいつまでも待つから…な?」


「んっ…////」


「好きな奴は…大事にしたいし、嫌われたくないもんな…」




チュッ―…



俺は触れるだけのキスを美勇に落とした。


くすぐったそうに、恥ずかしいそうに身をよじって俯く美勇に少し欲情する…


…が、…我慢はする。



男に二言はないっ!

てな?





「んぅ…
あり、がとう…////」


「おう…もうちょっと寝てた方がいいな。

熱あがっちゃっ駄目だからな。」




俺は美勇を抱き上げてベットに寝かせた。




「明日には良くなるよ」


「おやすみなさい…」


「おやすみ…」




汗に濡れた美勇の額にキスを落とし、

頭を撫でる。


すると直ぐに目を閉じて寝息をたてはじめる。





「初恋は実らないなんて真っ赤な嘘だな…」



独り言を零して食器をかたずける。




まだわずかに跳ねる胸を おさえながら。












< 90/ 100 >