ケータイ小説 野いちご


「俺らの学校はさ、田舎の方でさ、ひとり減っただけで、目立ったよなぁ」

シ―――ン。

嫌な思い出が頭を、光線となって走る。

< 15/ 170 >