ケータイ小説 野いちご

150年後のラブレター



季節は春。



朝の散歩にはちょうど良い気温に、睦月は鼻歌を溢していた。



地元とは違った街並みに、自分は京都にいるのだと心の底から感じ取ることができる。



京都には、思い出がありすぎる。


睦月は何かを企んだ笑みで手を上げた。



すると、走っていたタクシーが待ってましたというかのように睦月の前で止まった。



「すみません。西本願寺から一番近い海までお願いします」




久しぶりの台詞。



そんな自分が少しおかしくて、微笑んだ。



そしてタクシーに乗って3分後、運転手のおじさんのお喋りタイムが始まった。



「お姉さん、観光?」



「あっはい」



「でも何で海?せっかくやから西本願寺行けばいいのに」



バックミラー越しに目が合う。



デジャヴだ。





< 11/ 26 >