ケータイ小説 野いちご

If〜桜龍の彼等〜【完】

「ルナ、いいよな?」


タクトが真剣な眼差しで尋ねてくる−−


「わかった」


「やった〜。

毎日ルナちゃんと一緒にいれる〜」


レンが嬉しそうに抱き着いてきたのを「レン!!」とタクトが再び低い事で止めた−−


それを優しい眼差しで見ているマサタカ


何だか桜龍って不思議


暴走族ってもっと怖い人達かと思ったけど…


タクトは無愛想だけど芯の強い奴だと思うし、ミズキはとにかく優しくて、マサタカはお兄さんみたい、レンは人懐っこくて、スイは女嫌い


本当不思議な人達だけど…


いい奴らだって事はわかる


だから…


こんな私が一緒にいていいのか…


いや、いていいわけないのに…−−−




< 81/ 824 >