ケータイ小説 野いちご

つむじ風。


おまえは明らかに困っていた。

当然だよな、

旦那は刑事で、俺はヤクザだ。


「無理、行けない」

そうくると思った。

「ごめんなさい」

想定内だ。
だが、確実におまえの気持ちは揺れている。

俺は視線を窓の外に移した。
このあたりで少し引いてみる。

「謝ることはない。
おまえにはおまえの立場がある」

そう言って、席を立った。

「…新明くん」

慌てたように俺を目で追う。

ほらな、食い付いてきた。
もう一押しだ。

「待ってる」
続けて、俺はこう言い残す。

「待ってる。おまえが来るまで俺は待つ」

メモをそのままに、喫茶店を出た。
あえて返事を訊かないまま、去る。

悩む時間を与えるために。

そして、会いに行かなければ、俺をずっと待たせてしまう…
そんな申し訳ないという気持ちを引き出すために。

おまえは必ず来る、そう思った。


< 74/ 192 >