ケータイ小説 野いちご

つむじ風。

俺が6年生になったばかりの頃。

道場の自転車置き場で
おまえが面倒くせぇ奴らにからまれて、
ネチネチ文句を言われてた。

でもさ、おまえ。
うつむいてるから反省でもしてるのかと思ったら、違うこと考えてたろ?

そんな横顔だった。
おもしろかったよ。

まあ、あんな奴らの話なんてまともに聞いてたら身がもたねぇよな。

わかってやれよ。
あいつら、
きっとおまえが好きなんだって。

助けたわけじゃなかったけど、
あれ以来、おまえは俺に会う度に
何か言いたげだった。

なぁ、博子。

あの年の夏、俺の親父が死んだだろ?

剣道の練習の真っ最中だったな。
そうだ、あの花火大会の日。

親父がさ、あの日の朝に言ったんだ。

「もうすぐ亮二の誕生日だけど、出張が入って家族全員でその日は過ごせないから、急遽、今夜誕生日パーティーをする」ってな。

それから親父が俺に訊いたんだ。
誕生日プレゼントは何がいいかって。

俺は当時人気のあったゲームソフトを言った。
どこの店でも売り切れだというのは知っていた。

別にゲームに興味はなかったんだけどな。

だけど、普段から親父もおふくろも
兄貴ばっかりかわいがってる気がしてたから。

俺とは違って
いつも両親の期待に、ちゃんと応える兄貴だったよ。

当然だよな、そうなるのも。

だから親父を試したかった。

こんな出来損ないの息子のために
どこまでやってくれるのかって…

無理な俺の願いを
どこまできいてくれるのかって

試してみたかった。







< 3/ 192 >