ケータイ小説 野いちご

君を探して




「……んぱい、せーんぱぁーい!」



過去にタイムスリップしていた私を呼び戻してくれたのは、後輩のタケちゃんだった。


タケちゃん、いつの間に来ていたんだろう。

……っていうか、今日の私はボーッとしすぎだ。


「よーし、じゃぁ3人そろったとこで、曲を通してみましょうかっ!」

そんなタケちゃんに、私と慎は口をそろえて「お前が言うな!」って突っ込みを入れて。
そして「うわっ、ハモった!」って面白がるタケちゃんにつられて笑う。

気まずかった空気が、一瞬で和んだ。


タケちゃんはひとつ年下の男の子。

最近ちょっと部活をサボり気味だけど、いざ演奏となると、とてもいい音を出せる期待株だ。

人懐っこい笑顔で無邪気に笑うタケちゃんの存在に、私と慎はどれだけ助けられていることか。

私はタケちゃんが来てくれて、ホッとしていた。


うん……。
きっと、慎も、同じ気持ちだよね……。


< 19/ 308 >