ケータイ小説 野いちご

シュガースパイス


けど、結菜は欲しい。




ホントは、課長と結菜が一緒にいるのだって辛い。




課長の左手の薬指に付いているシルバーリングと、結菜の左手の薬指にも付いているシルバーリングを見る度、胸が苦しくなる。




「……はい。ありがとうございます、頑張ります」




俺はニコッと微笑んだ。












欲しいんだ。









結菜の全てが…。








< 42/ 90 >