ケータイ小説 野いちご

阿弥陀仏の呪い

2、悪人正機

「アオイちゃん、どうしたんだろうね……」

「うん、おかしいよね……」


その日はみんなでアオイちゃんのことを心配していました。

最近、良くない友達と付き合い始めていたアオイちゃんですが、それでも学校を無断欠席するようなことはなかったからです。


「青井さんが一昨日の夜から家に帰っていないそうです。何か知っている人がいたら後で私のところに来てください」


と、担任の先生が戸惑った様子で言いました。

クラスが一瞬ざわつきます。


「ねえ、カレンちゃんは何か知らないの?」


私はこっそりとカレンちゃんに話しかけました。

カレンちゃんは特にアオイちゃんと仲が良かったのです。

しかし、カレンちゃんは青冷めた顔で押し黙り、私の問いに答えようとはしませんでした。

この頃から、私は何かがおかしいと感じ始めていたのです――。

< 8/ 47 >