ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年06月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    今日はバレンタイン。


    雅のためにチョコを作ってきた私は、放課後の教室に彼を呼び出す。


    「どうした?急に呼び出して。」


    「あ、や、あの……」


    でも、目の前にすると、うまく喋れない私。

    そんな私にしびれを切らしたのか、


    「用ないなら帰るぞ。」


    そう言って教室を出ていこうとする。


    言わなくちゃ……



    そう思っても、中々声にならない。そうしていくうちに、どんどん雅は離れていく。


    彼がドアに手をかけた時、私は咄嗟に彼の腕を掴む。けれど、雅は振り向いてはくれない。



    それでも私は話しかける。



    「チョコ、作ってきた。……食べてよ。」


    ちゃんと言えた……!


    心の中で喜んでいると、雅は急に振り返り、


    「フッ……やっと言った。」



    口角を上げて意地悪そうに言う。そして彼は、


    「俺からもやるよ。」



    と言って、私に甘いキスをしてきた────

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室

    今日はバレンタイン。



    「なあ、急に呼び出してどうしたんだ?」



    『いや、あ、の……。』



    やっぱり本人を目の前にすると、うまく喋れない。



    「用ないなら帰るぞ。」



    中々喋らない私にしびれを切らしたのか、教室を出ていこうとする雅。



    このままじゃ、渡せない……。



    彼の背中を見つめるも、止まってくれるわけも無くどんどんとドアに近づいていく。



    『……ま、まって!』



    咄嗟に彼の腕を掴んだものの、振り返ってはくれない。



    ……ここで負けちゃダメだ。



    『……チョコ、作ってきた。……食べてよ、雅。』



    やっと言えた……。



    と思ったら、雅が突然振り返って、抱き締めてくる。



    「フッ……やっと言った。」



    雅は鼻で笑ったあと、口角を上げて意地悪そうに私を見る。



    「俺もやるよ。」



    そう言って、雅は私に甘いキスをした─────

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 教室

    なんだかんだ言って思い出してしまうあの頃。
    楽しくて、毎日勉強はダルかっけど好きな人と会えるのは嬉しかったし、話せると時間が立つのが早い。
    みんなはどうかわからないけど私は、

    会えなくても、

    忘れられてても、

    相手に彼女ができちゃっても、

    好きじゃなくなる、ましてや、嫌いになれたり忘れたりでかないのだ。

    漫画みたいに振られたら他の人から告られた!みたいな展開もないし、

    他に移ることが困難。

    どーやってあきらめたらいい?

    君にとって私はただの同級生でしかない?




    あなたの本音を聞きたい。


    そんなことを考える授業中。
    授業中って結構暇で、こんなことを考えて、私バカだなーとか思うんだよね。

    一度だけ「めい」って呼ばれて、すっごい嬉しかったのを覚えてる。
    その日から諦めるなんて選択肢はどこか行ってしまった。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

阿弥陀仏の呪い (キョースケ/著)

  • はじめまして。
    読ませていただきました。
    めっちゃ怖かったです(>_<)
    読んでいる間、後ろが気になって気になって…w

    YuN☆(退会)
    2009/11/21 13:43

  • 怖かったです…!!

    キョースケさん本当にサトリですか??

    怖い!!怖すぎる!!

    洋陽   2008/12/04 22:09

  • 何かもう、涙が溢れてきました。

    何ででしょう。

    自分でもわかりません。

    アミダ様はこの話しによると本当にいるようで、アミダ様は何故キョースケさんだけを連れていかなかったのでしょう。

    少しですが、

    まず、自分より相手を思う心の優しい人間だからだと思います。

    この世の中に自分より相手を思う人はあまりいないと思います。

    何時も自分の助かる事だけを考えている。

    私もその一人だと思いますが。

    アミダ様はキョースケさんにこの世にいて世界を広く見て人の悪さを見てもらいたかったのかもしれないと、私は思います。


    気が重くなるようでしたらこの感想を削除して下さい。
    命令文みたいな言い方をしてすみませんでした。

    そして、この作品で、キョースケさんの気持ちが伝わって来たと思います。

    いえ、伝わってきました。

    とても良かったです。


    ^ー^ゝ

    加奈。(退会)
    2008/11/20 21:40