ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

闇の雨

冷たい身体



「お父さん」

 その夜、仕事を終えて帰宅した耕助に夕食を出しながら、困惑した表情で紗織が切り出した。

「今日、快の学校に呼ばれたんだけど――」

「ああ、そうだったな」

 紗織の言葉に夕刊を読もうとしていた耕助が手を止める。「どうだったんだ?」

 テーブルに夕刊を置いて耕助が紗織を見ると、紗織は膳を耕助の前へ置き、向かいの椅子に腰掛けた。

「あの子、早退が多くて、このままだと単位が足りなくて卒業できなくなるんですって。先生も体調が悪いのは判ってらっしゃるみたいなんだけど、診断書がないと休学手続きできないらしくて……」

「診断書……」

 紗織の言葉に耕助が低く唸って腕を組む。「医者にはあれきり、行ってないんだろう?」

「ええ。点滴を受けに内科へは行ってるけど、それ以外は……」

「そうか……」

 味噌汁と湯飲みから立ち上ぼる湯気が、天井へと吸い上げられる。その様をじっと見つめながら、耕助は深い溜め息をついた。

「もう一度、今度は違う医者に診せた方がいいかもしれんな。あの様子は普通じゃないだろう」

「そうね」

 紗織がうなずくのを確認してから、耕助がようやく食事を始める。紗織はテーブルに両肘をつくと指を組んだ。

「最近は……瀬奈ちゃんとも会ってないみたいなの」

「え……」

 その言葉に、耕助が箸を止め、何か考え込むように一度口を結んだ。しかし、何か言うでもなく、しばらくしてゆっくり食事を再開した。



「あたしたち、終わっちゃうのかも」

 昼休憩の教室で突然、瀬奈がそう呟き、隣でジュースを飲んでいた菖蒲が頓狂な声をあげた。

「な、何? いきなり」目を丸くして菖蒲が訊いてくる。

「だって快、会ってくれないもん」

 お弁当の唐揚げを箸でつつきながら、少しふてくされたような、やけっぱちな表情で瀬奈はボソボソ言った。

< 28/ 163 >