ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。

ヤンキー君の体温





あの日から……。


緒方くんは、2週間の停学となった。




その間に、テスト期間はやってきてしまい、6月も終わりに近づく。




緒方くんのおかげで、私の噂をする人はいなくなった。



でもそれは逆に、緒方くんが怖いっていうイメージをみんなに与えてしまったがしれない。


本当は、優しい人なのに。


そのことが悲しい。





「はぁ…」



それでも、勇気を出してみんなに伝えなきゃ。


ずっと後悔したままになる!!






テストのため、午前中に終わった学校。



今、勇気をだすとき!!



逃げるなハム子!





「吉田くんっ!環ちゃん!皐月ちゃんっ!!!」




私は3人がいる場所へに向かって、みんなの名前を呼んだ。



帰る準備をしていたみんなは、ポカーンとした目で私を見つめる。





< 215/ 418 >