ケータイ小説 野いちご

【完】ハムちゃんが恋したキケンなヤンキー君。

後ろの席のヤンキー君




……。


はぁ〜……。



やっぱり、遅かったかぁ。







私、坂下 公子(サカシタ キミコ) は、


入学式の日に風邪を引いてしまい、みんなより1週間遅れて、初めて学校にやって来ました。




でも……。




周りを見渡しても、みんな楽しそうにグループで話してる。


友達作るタイミング逃しちゃった。



そう思いながら、


私は、後ろから2番目の自分の席で顔を伏せるようにうなだれていた。




< 1/ 418 >