ケータイ小説 野いちご

restart * another sky *からのサイドストーリー

偽物の、花



土曜日。


明日はお店もお休み。


久し振りに、―――――。

綾子に、会える。


綾子、―――。


綾子はこんな私を見捨てることもなく、連絡をくれるただ一人の、友人。

資格を取ったことも、お店を開いたことも、一緒になって喜んでくれた。

何度か、お店にも来てくれたことがある。


ダイキ君に言わせると、

「麻友理さんの知り合いの中で、唯一の正しい人」

らしい…。


「麻友理!!」


「綾子!!」


久しぶりに会う綾子は、幸せそうに輝いていた。

来週に控えた綾子の結婚式の打ち合わせの為に、私たちは会っている。

そう、――――。

披露宴の、ウエディングデコレーションを全て私に依頼してくれたのだ。


「どうなの、お店はうまくいってるの?」


「うん。ぼちぼちって感じかな。」


< 11/ 56 >