ケータイ小説 野いちご

都会育ちのギャルが田舎に転校してきました




輝かしく透き通るコバルトブルーの海を照らす、明るい橙色に光る太陽。


そして脚に絡み付く、さらさらの白い砂。


興奮気味に砂浜を元気に駆け回る1人の少女。


金の色をした長い髪を涼しい風が優しく撫でた。走る度に白い砂が少女の周りを舞い踊る。

< 1/ 188 >