ケータイ小説 野いちご

The Story~恋スル君ヘ~

Girls Side
カホside

かったるい夏休み。



私、三峰夏帆(ミツミネカホ)は、空を見上げた。

真っ青な空。
夏、って感じだ。



高校2年生の夏。
16歳の夏。

青春だねー、と独り言を言ってみる。



友達とも遊び、部活も楽しむ。

ついでに言うなら、成績も問題なし。





これぞ誰もがうらやむ高2ライフ!



……と言いつつ、
実は、秘かな悩み事もあるんだ。







ウチの弱小放送部は、あいかわらず、
今年の夏の大会も成果なし!

アナウンス部門も、朗読部門も。



つまり、先輩を見送った卒部会の後には、部活動もゼロ!

いぇーい!



……なんつってね。







ま、面倒くさがりな私にとっては、
楽っちゃ楽だけどー……

やっぱりちょっと淋しいかな。


< 1/ 140 >