ケータイ小説 野いちご

叶わぬ恋が叶ったとき

タイトル未編集

俺、吹雪 美也(ふぶき みや)。

ずーっと昔から大好きだった子がいる。

櫻田 優梨愛(さくらだ ゆりあ)。





けど、俺のタイミングが悪いせいで全部振られてきた。

~幼稚園時代~

俺「大人になったら結婚してください!」

優「優梨愛、昨日彼氏できたの」


~小2~

俺「好きです!」

優「幼稚園からの彼氏いるから。ごめんなさい。」

俺は内心(まだ続いてたのか)と思った


~小5~

俺「今度こそ付き合って☆」

優「ごめんね。今、好きな人いないんだ。」


~中2~

優「ねぇ、聞いて美也!優梨愛昨日彼氏できた♫」

俺「あ、そう...」




優梨愛に告ること4回全部振られてきた。

俺たち一応昔っからなかいいわけで、なんで振られてきたのか
いまいち理由がわからなかった。

でついに5回目の告白!

同じ高校受かったら告ろうと決めてたから、
入学式、桜の木の下で...



< 1/ 30 >