ケータイ小説 野いちご

人間ゲーム

【第7章】夢‥つながった記憶



ゲーム教室に行けばよかったか?


今さら後悔しても遅い、携帯電話で時間を調べると、もう七時を過ぎていた。


「はぁ‥。ただいま、ショコラ出迎えありがとう。」


ニャー。


オレの足にすり寄ってくる。


「ごめんな?オレ今日少し疲れたからショコラとたわむれる気力がない‥。」


軽くショコラの頭を撫でてリビングへと向かう。


キャットフードを机の下に置き、オレは魚肉ソーセージを二つ食べ、空腹をしのいだ。


お腹はまだすいているが、料理を作る気力も残っていない。


自分がなぜここまで疲れているのかわからない。


ストレスが疲労として出てきたのか?


「あぁ‥。」


黒い携帯電話と白い携帯電話を持ち、ソファーへ倒れ込む。


眠っー‥。


ゲームのこと考えねーといけな‥い‥。


そしていつの間にか、オレは深い眠りについた。


まるで無くした記憶を思い出すように‥。


< 72/ 231 >