ケータイ小説 野いちご

人間ゲーム

【第2章】家



「ただいま‥、って誰もいないんだけどな。」


少し大きめな独り言が、家の中で冷たく響いた。


そんな事を気にもせず、玄関で靴を脱ぐ。


オレは一人暮らしをするのに不自由がないほど、広い家に一人で住んでいる。


両親はいつの間にか消えてしまった。


兄弟は‥、一人っ子だったはずだ。


お金は親戚にもらったり、アルバイトをしてなんとかやりくりしている。


親戚に家族の事を聞いてみたが、教えてくれる人は誰もいなかった。


親がいればこんな辛い想いをしなくてもすんだのだろうが、いない人を今更どうこうしようとは思わない。


思ったとしても出来ない。


「ふぅ。」


転校するとあの場で言ってしまったものの、これからどうするか‥。


正直、これからのことを何一つ考えていない。


ただゲームが出来ればそれでいい。


あ、そういえば私立の入学届けがあったっけ?


そう思いながらオレの部屋へ行き、棚に置いているはずの私立の入学届けをさがす。


「良かった、あった。」


自信がなかったが、あって良かった。


ニャー。


「ん?‥あぁ、ショコラがいたな。」


黒い猫のショコラは唯一のオレの家族。


歳はわからないが、オレが物心ついた頃からこの家に住んでいたと思う。


「お腹がすいたのか?飯でも食うか。」


入学届けとパンフレットを持ち、リビングへと向かった。


その後をショコラが追う。


リビングにつくと、リビングの机の上に入学届けとそのパンフレットを置き、キッチンへ向かう。



< 10/ 231 >