ケータイ小説 野いちご

ヒミツの隠れ家

第八回



“気になる”という気持ちは確実に“好き”へと変化していた。

誰もが見惚れてしまう容姿のうえに、優しくて美味しいコーヒーを淹れてくれる。

さらにこちらの気分や体調も敏感に察してくれる完璧な人だもん、誰だって好きになってしまう。

でも、まだ想いを告げるのは躊躇ってしまう。彼女がいるかもしれないし、以前お店で会った加絵さんが気になる……。

「……あれ? 今日、お休み?」

相変わらず就活中の私は、今回の面接もうまくいかず、樹さんのコーヒーで癒してもらおうと『Caféサプリ』へ来ていた。

しかし看板は出ていないし、店の扉も閉まっている。定休日かな? それともまだ開店時間じゃない?

「あっ! そういえば私……この店の営業時間を知らない……」

最初に訪れた時、樹さんから「夜中でも早朝でも、君の来たい時にどうぞ」と言われたこともあり、あまり気にしたことがなかった。

「樹さん……どうしたんだろう」

もしかして、風邪とか? 茜さんが代わりに店を開けるのかな? 気になるけど、連絡先を知らないし、開店するかどうかもわからないのに、待つわけにもいかない。

「明日、また寄ってみよう」

今日は我慢して、明日癒してもらおう。そう思っていたのに……。



< 15/ 24 >