ケータイ小説 野いちご

間違えた小説

タイトル未編集

夕方、娘がおっさんを拾ってきた。
玄関で、母親が聞いた。
「ちょっとヨシミ、そのおっさんどうしたのよ?」
「公園のすべり台の下に捨てられてたの。かわいそうでしょ?ねえ、うちで飼ってあげようよ」
母親はため息をついた。
今年5歳になる娘のヨシミは、おっさんが大好きで、いつもおっさんが載っている絵本を楽しそうに読んでいた。いつかねだられるだろうとは、思っていたのだが、まさか拾ってくるとは思わなかった。
「ねえ、いいでしょう?」
ヨシミが甘えた声をあげる。
「うーん、でも、エサ代とかバカにならないし・・・・・・」
「お願い!ちゃんと世話するからあ。だってほら、こんなにかわいいんだよ?」
ヨシミは母親の眼前におっさんを近づけた。
おっさんは、ヒゲをぴくんと動かしながら、つぶらな瞳を輝かせて、母親を見つめた。
母親の胸がキュンとなった。
「・・・・・・し、しょうがないわね」
「飼ってもいいのっ!?」
「ちゃんと面倒見るのよ?」
ヨシミの目が輝く。
「うんっ!お母さん、ありがとうっ!わーいわーいっ!」
「そのおっさん、だいぶ汚れてるから、お風呂に入れてあげなさい」
ヨシミはうなずくと、おっさんに優しく話しかけた。
「いっしょに、お風呂に入りましょうねえ」
ヨシミはおっさんをひっぱりながら、風呂場へ向かって走っていった。













・・・・・・あ、猫とおっさんを間違えた。

< 1/ 1 >