ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

極上ラブ ~ドラマみたいな恋したい~

プロローグ
4  気づいてほしくて・・・



歓送迎会の日から二週間。


堤新所長に変わった新体制での旭営業所も、徐々に落ち着き始めていた。


松浦所長の時とは違った意味で、仕事のしやすい活気ある職場になっている。


私と堤所長の関係はと言うと……。


あの歓送迎会の時の態度は一体何だったの? というくらい何の進展もなく、ただ普通に穏やかな毎日を過ごしていた。


とは言っても穏やかなのは“表面的”にだけ。
私の心の中は、堤所長が席を立つ度にドキンッと跳ね。電話で話している声を聞くだけで、耳元で囁かれた感覚を思い出し身体が熱くなる。


ずっと波立ってばかりで、落ち着いて仕事ができる状態ではなかった。


「菜都せんぱ~い。ここ間違ってますよぉ~」


相変わらずの甘ったるい声で、未歩ちゃんが私のミスを指摘した。その紙を受け取り、確認をする。


「あ、本当だ。ごめん、すぐに作り直すよ」


「いいですよぉ~。なんか先輩、心ここにあらずって感じですし~」


口を尖らせて私から紙を奪うと、手早く処理を始めた。



< 41/ 278 >