ケータイ小説 野いちご

黒い蝶

1章
1___


[斎藤 一side]



春。





桜が舞い散る中、
俺は散歩をしていた。











ここは暗い裏道。


“怪しい”店が立ち並ぶ通りだ。






< 1/ 427 >