ケータイ小説 野いちご

【完】追っかけボーイとクールガール

第四話
聞いていた

「あ、いたいた、鈴木!」





「ん?なんだ、武元」





「聞きたいことがあるから、ちょっと来てくれ」





「別にいいけど・・・」






二人は廊下に出て話を始めた





「で?話って何?」





「あのさ、光るから聞いたんだけど」





「阪本から?」





< 37/ 345 >