ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 廊下
    • 後ろからギュッ

    私が、軽いイジメをされて、落ち込んで歩いていたら、急に後ろからギュッ!!なんと、そこには片思い中の幼なじみがいた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩

    今日はなぜか憧れの楓先輩に誘われ遊園地に来ている。


    「そろそろ閉園の時間ですね」

    「じゃ、最後にあれ乗ろっか」

    先輩が指をさしたのは観覧車。

    「せ、先輩!観覧車は…緊張するので…他のにしません?」


    「そんなの知らない」

    そう言って意地悪な顔で笑って私の手を引き、観覧車に乗ってしまった。

    「先輩は、好きな人とかいますか…?」

    密室で気まづい空気をなんとかしたくてそんな事を聞いてしまった。

    「どっちだと思う?」

    「イジワル…しないでください…」

    無意識に上目遣いで先輩を見る。

    「あー…舞ちゃん、それはずるい」

    先輩は立ち上がってわたしの隣に座った。

    「せ、先輩!?」

    「舞ちゃんが煽ったんだよ?舞ちゃんが悪い」

    そう言ってチュッーと、優しくキスをした。

    「これからは俺以外の男にそうゆう顔しちゃだめだからね?」


    私が夢中なのはこれからもずっと先輩だけ。

    開く閉じる

    • 年上彼氏
    • 同居【お題】

    「今日も遅いの?」
    いつもの出勤時間になり玄関で靴を履いていた俺は、背後から聞こえた声に顔を上げた。
    微妙に不機嫌そうな顔で壁に寄りかかり、部屋着姿の少女は眠そうに欠伸をしている。
    忙しくて中々会えない時間を埋めるため始めた同居なわけだが、生活リズムがわかる分前とは違う不安を抱えることも増えてきた。大学生の彼女は一人で家にいる時間が俺より長い。最近はあまり構ってやれなかったと、今更後悔する。
    「いや、今日はすぐ帰る。仕事は昨日で大体終わった」
    「…そ」
    短く答え、彼女は嬉しそうに目を細める。ああ可愛いな。俺は少女に手を伸ばす。
    後頭部を引き寄せて、触れるだけのキスをする。ちゅ、と重なった唇は久々だった気がして、思わず表面を舐めた。
    「…っん、早く仕事行って!」
    予想外の触れ合いに顔を赤くした彼女は叫ぶように言う。そんな態度に少し笑って、俺は少女の耳に囁いた。

    「…続きは帰ってきたら、な」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】追っかけボーイとクールガール (チヒ/著)

読んでくださった方ありがとうございます
良かったら感想お願いします

  • ※(注)「レビュー数がゼロ」だったのは、僕がラスト近くまで読ませて頂いた、初夏の頃で、現在は1名様がレビュー書かれてますので、付け加えさせてもらいます。
     
     m(_)m

    熊川なおたか(退会)
    2014/09/26 07:57

  • チヒさん、お待たせ致しました。

     本当にお待たせ致しました!
     ヽ(*´∀`)ノ

    『引っ越したら幼なじみがついてきた』を最後まで読ませてもらい、今回感想コメントを書かせてもらいます。

     熊川なおたかです。


    【良かった点】

     翔、光、亮といったメインキャラクターの軽快な人物像と、サクサク読めるテンポ感溢れるストーリー構成。

     遊園地で、光の過去のトラウマを気遣うさりげない優しさなどは、ほっこりするシーンでした。

     一番気に入ったのは、満子・満の兄妹の天然かつ(良い意味で)空気読まないキャラ。
     とても楽しく、ページをめくる度、彼らが出て来るのを今か今かと待っていました。


    【課題・問題点】

    ①全ての文章が、「~した」「そんなこんなで」「と言った」などの無味乾燥な地の文の繰り返しで、しかも状況描写・内面描写が極めて乏しく、小説としてある一定のレベルにまで達していない文体です。

     ごめんなさい……率直に言って、キャラクターの魅力に文章構成力がまだ追い付いてません。


    ②「光る」「定員(店員)」「きずかない(きづかない)」など、大量の誤字脱字がありました。

    ③龍君というせっかくのキャラクターがあっさりと退場。

    ④今回の第9回日本ケータイ小説大賞は、「泣ける」物語を募集しています。

     野いちごの「ブルーレーベル」(号泣もの)に近い作風の小説が、切ない系なのですが、今作

    『引っ越したら幼なじみがついてきた』

    は、どう考えても「ピンクレーベル」(胸キュン・甘々系)に近い内容です。
     募集要項に……明らかに合ってません(^_^;)

    ⑤翔の許嫁問題が、突然持ち上がってあっさりと解決→大団円。小説として必要不可欠な盛り上がりが、全て省かれた印象を受けました。
     ここは残念な箇所です。


     かなり辛口で批評してしまいましたが、実際こういった感想を他の読者さんも抱いているのなら、次回作ではチヒさんの中で上手くクリアした作品を仕上げられるべきだと思います。


     気になったのは、これだけPV数がある作品なのに、反面レビュー数がゼロだったり、感想コメント数が少ないのは、作品の構成上何か弱点があるからではないでしょうか?

    (読者さんが、レビューを残すまでの何かが足りなかったということ)


     辛口で失礼しました!

    熊川なおたか(退会)
    2014/09/26 07:53

  • チヒさん、こちらでは初めまして!
    (^∇^)/

    『幼なじみとの初恋』告知ありがとうございました。
    ……早速本棚インして読み進めてますよ~
    v(^_^)v

    感想コメントのレベルは、ほめほめ・甘口・中辛・辛口・激辛・鬼スパルタ(笑)・トラウマ(爆)

    どれがいいですか?
    どれも読書愛を持って(笑)批評させてもらいますね

    (^^)‐☆

    熊川なおたか(退会)
    2014/01/10 17:50

  • 感想ありがとうございます!

    楽しんでもらえて嬉しいです

    続きのろのろですが頑張って書きます!

    チヒ   2013/08/01 06:54

  • 見つけて読んでみたら
    すごくおもしろかったです!
    楽しみにしています。

    aimy   2013/07/30 14:22