ケータイ小説 野いちご

チャットの貴方に恋をする

ふたりぼっち
触れた心


ー数日後

「オフ会?」

「そう、オフ会」

私は恭明の言葉を聞き返した。

いい忘れていたが、私は恭明と連絡をとることができる。

そのため、恭明を相棒としてるのだが…

「龍弥とか誘えばオフ会になるだろ?面白そうじゃね?」

「あんた、東北でしょ?これるの?」

私は至極一般的な質問をした。
私がすんでいる県から東北まではどう頑張っても半日はかかる。飛行機を使えば早いかもしれないが…どっちにしろ時間がかかるしなにより大金が必要だ。

だからこれるとは思えない。しかし、恭明は得意気に鼻をならした。

「実は、夏休みに婆ちゃんの家に帰るんだ。そこがさ…お前がすんでる県の隣町なんだよ」

「は?つーことは…こっちに来るの?」

「そーゆーこと、だからオフ会出来るだろ?」

確かに、隣町なら電車で数十分だし費用もあまりかからない。万が一恭明が偽物で、襲われたりという危険な目に遭っても地の利はある

「…ありだな。日が決まり次第教えてくれ」

「おぅ」

私は他愛のない話をしたあと、電話を切った。


< 98/ 152 >