ケータイ小説 野いちご

Calling -true name-

aim.02 謎



「Bの奴がミスコンの準グランプリ食ったぞー」

「いい加減シメようぜ、あいつ」

「乗った」



賛成、俺も、と次々に先輩たちが手をあげる。

返せたと思ったテニスボールは、ぱさりとネットに絡まった。



「グランプリは?」

「ありゃ去年のうちに済んでるだろ」

「なんでBばっかりかね」



コートの半分でラリーをしていた私は、すっかりそれどころじゃなくなり、ちょっとごめん、と真衣子に休憩を提案する。



「あ、ごめん、みずほちゃんに聞かせる話じゃないよね」

「びっくりしちゃうだろ、こんなネタ」



いやいや、何を仰る。

お嬢様校ったって、校内でこそ監視の目が厳しいためおとなしいけれど、一歩学校を出れば花の女子高生だ。

そういうネタで盛りあがるのは当然だし、合コンだってあった。

私はあんまり、そっち方面には踏みこめなかったけど。



「…B先輩のことですよね? あの、先日の?」

「他にBなんて奴、いないよ」



コートのもう半分でボレーの練習をしていた先輩たちも、やっぱりそれどころじゃなくなったようで、ネットを挟んで会話している。

校舎の狭間に点々とあるコートのひとつで、午後の爽快なテニスを楽しんでいたところだった。


私と真衣子は結局、先日B先輩が合流してきた時に飲んでいたサークルに入った。

雰囲気もよかったし、運営や練習スケジュールがきっちりしていて、でも厳しすぎないところがちょうどよかったから。


ったくさー、と面白くなさそうにひとりの先輩がため息をつく。



「なんなわけ、あいつ。有名どころばっか狙って、そのくせつきあうでもなく、数回で終了なんだろ?」

「別に、女の子と仲いいわけじゃないのにな」

「女たちも、なんだってみんな、Bなんだ」



なんでだ? と全員が首をひねる。

なんでですか? と私も訊きたい気分だった。

B先輩って、そんな人なの?


< 12/ 274 >