ケータイ小説 野いちご

サヨナラ 大好きな人【完】

大好き2


「…ぇ?」

あたしは新木君に抱きしめられた。

「僕と付き合って?」

來と似た瞳であたしを真剣に見つめる


「ごめんなさいっ…あたし…來じゃなきゃダメなの…來じゃなきゃ嫌だの」

泣きじゃくるあたしに新木君は

頭を優しくなでなでしてくれた。

來とは違う、もう一つの暖かい手のようだ。

「じゃぁさ、連絡はとれるようにしよ?」

新木君は携帯をポケットから出し、言った

「う、ん」

あたしは視界がはっきりしないまま新木君に携帯を差し出した。

「家まで送ろうか?」


「ううん、大丈夫、ありがとう」

あたしは一言お礼を言い、ふらふらしてる足で必死に帰った。

< 55/ 113 >