ケータイ小説 野いちご

幸せになるために

泣きまくって怒りまくろう



子供のころに「すぐ泣く」とか「すぐ怒る」といった理由で仲間外れにあったり、親から厳しくしつけられている場合、”他人が受け入れてくれなかった感情”はすべてマイナスイメージとして捉えられてしまうことがあります。


自然に湧きあがった感情に対して、恐れをなしてしまうのです。


自分でも
コントロールできない恐ろしい何かが、心の中に潜んでいるように思え、自分が生きているということが不安でならないという気持ちにさえなってしまいます。






< 11/ 29 >