ケータイ小説 野いちご

イチゴキャンディ

イチゴキャンディとキス




「うああん…っ」


転んだあたしは、わんわん泣いていた。

大した怪我でもないのに、痛くて。

君に、心配されたくて。


「な、なくなって…!ほら、これやるから!」


慌てたようにポケットを漁って、
ころん、と掌に乗せて差し出されたのは、
ピンク色のキャンディ。


「…あめ…?」


ぐすん、と鼻を啜りながら聞く。


「そう、あめ。いちごのあめ!」







あの日から、今でもずっと…




< 1/ 5 >