ケータイ小説 野いちご

【続】意地悪なご主人様

4.真鍋部長vs東条部長
夏樹side

・・・

急いで家に帰った私は、

玄関のドアを勢いよく閉める。

・・・

急ぎ過ぎて、

息が上がっていたので、

必至に息を整え、心も鎮める。

・・・

全く、

義嗣はどうしてあんなことをするのか?

私はただ、

上司の顔を立てるべく、

仕事に励んでるんであって、

それがどうして、

ああいう行動になるのか…

・・・

やっと落ち着いてきた頃、

玄関が勢いよく開いた。

「ワッ!ビックリした」

・・・

目を見開き言った私の目の前には、

巧の姿。

・・・

巧はまだスーツ姿だったので、

今、仕事から帰ってきたみたい。

・・・ん?

待てよ・・・

< 85/ 213 >