ケータイ小説 野いちご

龍蝶

新たなスタート





「佳乃~。今日さオムライスにしようか」



「うんっ!!!――――のオムライス大好き!!!」


「ふふっ。それは嬉しいなぁ」






柔らかく微笑む彼女と無邪気に笑う小さな女の子






「佳乃!!!早く来いよ!今年もきれいだぞ」



「待ってよぉ~!!!」



「ったく、しゃーねぇーなぁ・・・ほら行くぞ」





差し出された手を迷うことなく掴む。


まだ汚れを知らない綺麗な手





「佳乃!!!!花火って言ったらさーやっぱり打ち上げだよねぇ?」



「・・・え・・・う・・・・うん・・・」



「ほらねぇ~?」



「明らかにここじゃ打ち上げられねぇだろっ!」






一緒に笑ってくれたあたたかい人達


優しい、眩しい笑顔





「佳乃。大丈夫だ。ココがお前の居場所だ」



「・・・うんっ」


「おし、帰るか」





こんな私を家族だと、仲間だと言ってくれた人達





光り輝いてた空間が一気に崩れ去って行く




ガラガラ  ガラガラ




< 2/ 173 >