ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

わがまま猫男子いりませんか?

猫男子は甘党男子
あたしの日課



あたしはたまたま席が隣になったアイツに、マタタビを渡してしまったらしい。

それからだ。

アイツと一緒にいるようになったのは。



< 1/ 88 >