ケータイ小説 野いちご

イジワル男子の愛情表現

彼氏の君?




「おー涼太、
お前風邪だいぶ良くなったじゃん」


篠の友達、ちょっとお調子者の

右田雅人君が言った


「あー、誰かさんが俺を

倒れた事にしてくれたお陰でな」


篠はそう言って右田くんを締め上げる


「悪いっ、でも俺は…

精一杯役目を果たした」



言葉の通り、篠はすっかり元気になって

傘は直接は返せて無いんだけど、

なんとか篠の手に戻すことはできて

とりあえず、保健室の一件から未だに

まだ篠と会話をして無い。


< 47/ 324 >