ケータイ小説 野いちご

僕のぽっちゃり彼女 ~White Christmas~

恋人がサンタクロース

深々と降り続く雪の中、
鈴の音だけが微かに聞える。

綺麗に着飾ったクリスマスツリーと
街灯の灯りだけが雪道を照らしている。


家々からは幸せな灯り、
そして美味しそうな料理の匂いが
外を歩く人々をあたたかい気持ちにさせていた。



シャンシャンシャン♪
シャンシャンシャン♪


今にもサンタクロースが
トナカイの牽くソリに乗ってやって来そうな、
そんな静かな夜・・・


もうすぐ一人のサンタクロースが
可愛い彼女を迎えに来る・・・



< 1/ 14 >