ケータイ小説 野いちご

暇を持て余したので、学校パロディをやってみました

保険医、女



ミカエル先生の場合。




「保険医っていやらしいイメージがあるんだけど、ミーちゃんはしてくれないのー?」


「なにをするんですかっ。第一、レイン中佐、あなたの歳で学生服って……」


「留年しまくった設定なんじゃない?もしくはー、百人切りしちゃうような甘いマスクだから、あえて生徒役とか?」


「女子高生に欲情するだなんて……」


「今はミーちゃんに欲情中ー」


「私はしてませんのでお帰りください、健康体さん」


「つれないなぁ。ほら、ちょうどよくベッドあるんだからさぁ。カーテンもあって、さも、俺たちのために準備してあるスペースじゃんかー」


「病人のためのスペースですからっ」



< 20/ 33 >