ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

オオカミ系幼なじみと同居中。

*第2部*



わからない。


要がわからない……


うんん。
もっとわからないのは、あたし。


昨日……あのまま要と一線を越えてもいいと思えた。



要は・・・・・・彼女いるんだよ?
あたしは旬が好きなんだよ?



あたし、何してんの?
なにが……したいの?




窓の外に視線を落とす。




要と知らない女の子が笑ってる。




「な……によ」




すごくイタイ。





――――シャッ!




あたしは思い切りカーテンを閉めた――


溢れそうになっていたこの想いに蓋をするように。




< 62/ 301 >