ケータイ小説 野いちご


ーーガチャッー

『……スバル様、着きました。』

黒塗りの高級車の後部座席のドアを開ける。

『……あぁ。』

車の中から返事が返ってくると、その人はすぐに降りる。

『『『……キャーーーッ!!!スバル様よ!!!!』』』

『『『キャーーーッ!!!!レイ様よ!!!』』』

すぐに聞こえる女子の甲高い声。

『…人気ですね、スバル様。』

茶化すように隣を歩く、主の一条 スバル(イチジョウ スバル)様に言う。

『……お前もだろ、レイ。』

『……スバル様には、及びません。』

聖白薔薇学園の敷地に足を踏み入れると、すごい勢いで女子は俺らを囲む。

『……おはようございます!!スバル様、レイ様!!』

『……おはようございます、お嬢様。』
『……あぁ、おはよう。』

女子からスバル様を庇いながら、教室に向かう。

『……スバル、レイ。ごきげんよう。』

女子の集団が一本道を作ったとこから二人の人が来る。




< 4/ 5 >