ケータイ小説 野いちご

危険な瞳に恋してる

Ⅱ章
授業

 




 ……とても。

 とても、午後からの授業を受けている気分ではなかったし。

 そんな場合でもなかった。

 わたしが、早退しなかったのは。

 ただ、サボる理由を考える気力もなかっただけで。

 五時間目の授業は、心配そうな柴田に手を振ってぼ~~っとしているうちに、終わってしまった。

「春陽、聞いて!
 私も今日の放課後、本命の先生に告るコトにしたんだ!
 放課後あう約束を、お昼休みにできて……!」

 五時間目が終わったとたん。

 柴田が、走るようにして、やって来た。

「……良かった、じゃない」

 柴田が、上手くいくのは心から祈っているけれど。

 相づちに力が入らないことに柴田は、気がついたようだった。

「……って、どうしたの?
 昼休み、どうだった?」

「……うん……。
 それがね……」
 
 わたしが、コトの顛末を話そうとしたとたん。

 黒板に下げるタイプの大きな年表が、届けられたのに気がついた。

 隣のクラスの、教材係が「置いてくね!」ってわたしに手を振る。

「……!
 今日の六時間目って、日本史だった……!」

 

 

< 65/ 313 >