ケータイ小説 野いちご

白いジャージ9 ~最終章~

LOVE.1
夜の散歩




―夜の散歩―




誠人さん達が来るまでまだ時間があった。



浴衣姿で、旅館の周りを散歩することにした。






「寒くねぇか?」




先生は、そう言って私の手を握ってくれた。




何でもないこういうことがものすごく幸せだと感じる。



ひんやりした先生の手がだんだんと温かくなっていく。



街灯の明かりよりも月の光の方が明るく見えた。





「いいな、こういう旅も」



「うん!めちゃめちゃ楽しい!」







ふたりの旅行も楽しいけど、こうしてお互いの両親と旅行って新鮮だったりする。




改めて、親に感謝することができる。



私はこの両親に愛されて育ってきたんだなってつくづく感じて。




時々涙が出そうになったりする。




先生のご両親の愛もたくさん感じることができた。









< 26/ 304 >