ケータイ小説 野いちご

たとえどんなに辛いサヨナラが待っていたとしても

愛してるなんて言わないで1

愛してるなんて言わないで1









そんな言葉聞きたくなんてなかった。




今まで通りの関係でいたいのに。










< 35/ 221 >