ケータイ小説 野いちご

私の彼は教師です【短】

教師の彼
社員旅行



新幹線の中。


高校時代を思い出すほどの、賑やかな四号車。




私の勤める会社が、今日から二泊三日の社員旅行。




四号車は貸切であって、会社の社員しかいない。



だからもう、お祭り騒ぎ。



社長も一緒になって、盛り上がっている状態だ。




「ここ、座っていい?」

「えっ?」




私に声をかけてきたのは、歳が五つ上の先輩。



仕事が出来て、女子に紳士的な先輩だ。




「ここ、あの子が」




先輩とその子は部署が違うから、名前を知らないと思い、指を使って言う。



すると先輩は、名前を知っていたようで、ただ頷く。




「彼女には、許可を取っている」


「はぁ...じゃあ、いいですけど」


「悪いね。ドンちゃん騒ぎがスキじゃないんだ」


「見て分かります」




先輩は笑うと、私の顔を覗き込んだ。


< 2/ 22 >