ケータイ小説 野いちご

ふさんテル

+06+







「・・・ん」








「姫様!!」











私は冷たいコンクリートに囲まれた牢屋にいた





そして目の前にはレモン・・・











「大丈夫ですか?」











「うん、大丈夫だけど



頭がクラクラする。」

< 58/ 88 >