ケータイ小説 野いちご

暴走族が愛した小さな姫

第2章
悲しい現実



あれから数日、私は一度も倉庫に
行けずに家ですごしていた。


隼人と悠真は最近、どっちかは必ず家にいる。


たぶん私がいつ倒れてもいいようにいるんだろう




はぁ、また2人に迷惑かけてる…。

ごめんね。



私はまだ、今のところ車椅子で生活できている。


まだ、寝たきりにはなっていない。



これからなっていくと思うけど…












< 41/ 76 >