ケータイ小説 野いちご

続 青薔薇姫

第2章
芽生えた想い




「はぁ……。」


総長部屋に俺のため息が漏れる。


なんで今頃昔のことなんて思い出すんだろうな……。


もうとっくに忘れたつもりだったのにな……。


♪~♪~♪


俺のケータイが鳴る。


尚希か彰人か零也か……またはあのスパイ女か…。


最近やけにスパイ女から絡まれる。


「………はい。」


『もっしー♪』


「……。」


今更ながら、電話に出たことを後悔した。


「……何だよ。」


『紫苑と話がしたくって♪』


「……ざけんな。」


俺が終了ボタンを押しかけたとき、スパイ女の言葉に一瞬頭がフリーズした。





< 115/ 307 >