ケータイ小説 野いちご

初恋タイムスリップ(成海side)

★成海side
epilogue



美音と再会して、

そして、久しぶりに家に帰った。


もう深夜の0時近かった。

俺は、静かに鍵をあけると、


リビングにまだ電気がついていた。


そっと扉をあけると、

テーブルで母さんが、お茶を飲んでテレビを見ていた。


「わ!!びっくりした!!突然どうしたの?

仕事は?え?大丈夫?」


母さんは、かなりびっくりしながら、俺に近づいてきた。


「今日は半休だったんだ。

明日は、当直だから昼前には帰るよ」


俺は、ドサッとソファーに座った。

「ずいぶんと、短い帰省ね。何かあったの?

そうだ、ちょうどよかった。
そっちに送ろうと思ってたんだけど……篤志くんがこれ持って遊びにきたわよ、はい」

そう言いながら母さんが、ずいぶん立派な封筒を俺に差し出した。


「篤志くん、結婚するんだって。職場の子と」


「篤志が?マジで…」


俺は封筒を受け取った。

それは結婚式の招待状だった。
篤志は今、地元で公務員として働いている。

役所の福祉課で障害者担当。

自分のことよりも人のために熱くなってしまう、篤志らしい選択だと思った。

招待状を見ると、知らない女の子の名前。


「この日はなんとしても有休もらわないとだな…」


「仕事相変わらず大変なの?

お父さんが、今の頑張りしだいで、これからが決まるから、

無理して頑張れって言ってたわ。

好んで無理しろって、お父さんらしいでしょ?」


ふふふっと笑いながら、母さんがお茶を持ってきてくれた。


「お父さんもさっき帰ってきてね、


今寝たところ。明日はお休みよ。一応ね」



俺は、背もたれから体を起こしてお茶を飲んだ。


「優は?」


そう、母さんに聞くと、母さんは、ホッしたように笑った。




「まだ、きっと起きているわ。もうすぐ高校生よ。

今、呼んでくるわね」


母さんがリビングから出ようとした。

「あ・・寝てたらいいよ」

母さんは、ふふっと笑って出ていった。


< 128/ 143 >