ケータイ小説 野いちご

社長の旦那と恋煩いの妻(わたし) シリーズ大幅修正加筆中

□The frame 拓斗side







―――キュッ―





乱暴にバスルームの扉をしめた俺は一目散に蛇口を強く捻り、いつもより数度高い湯がシャワーヘッドを伝い落ちてくるのを感じていた。


このまま湯と一緒に全て流れてしまえばいい――





「くそっ」





そんな事を考える自分自身に苛立ちが隠せなく、そんな言葉と共にガンッと壁に手をついた。


図星を指されて自分勝手に怒鳴って、俺はガキか。


優子に嘘を見破られ焦った挙げ句優子を怖がらせてしまった、なんて優子の親御さんとした約束を破ってしまってる。


大事にすると、泣かせないと、笑顔を絶やさないと、約束しただろうが…


それなのに俺は馬鹿なのか?


居た堪れずにバスルームに逃げ込んできたものの、浴びた所で気分は全く晴れるわけがない。




< 113/ 514 >