ケータイ小説 野いちご

社長の旦那と恋煩いの妻(わたし) シリーズ大幅修正加筆中

□Holiday






「優子」

「拓斗さっ、ん…」





一向に泣き止まない私を慰めるように、拓斗さんは私の頭を優しく撫でる。


そんな私の視界は涙でゆらゆらの、ぼんやり程度でしか、今拓斗さんがどんな表情をしているのか詳しく分からないけれど、





「うぅ…っ。拓斗さあああん」





困ってるように眉に皺を寄せてるんだと思う。





「大丈夫か?少し横になった方がいい」





大丈夫ですの意味を込めてハンカチを口元に当て頷く。


それでもハンカチを持つ手は震えていて、ちっとも大丈夫だとは思われていなさそう。


どうして…、どうしてこんな結末になっちゃうの?


ただゆっぴぃとたぁくんはただ一途にお互いを愛して日々を過ごしていただけなのに――




< 1/ 514 >