ケータイ小説 野いちご

それから。〜不機嫌な先輩と不器用恋愛〜

まさかの嫉妬




「あやめちゃん、ごめん!」


わたしは顔の前で手を合わせた。


「な、なに?いきなり」


「根岸先輩のこと……」


上目遣いであやめちゃんの顔をおそるおそる見る。


「ダメだったの?」


「う、うん……。

 あ、でも誤解しないでね。あやめちゃんのことが嫌とかそういうんじゃないんだよ」


「彼女がいたとか?」


< 99/ 305 >